« ちょっと前の練習記事 | トップページ | 新宿伊勢丹キッチンステージ »

12月11日

12月11日


今日は本当だったら空手の日ですが、

諸般の事情によりお休みしました。

でも、週に一回というペースをどこかで守るため

今週の後半、時間を作って行きます。


ところで、今日は、というか最近は

帰ってからいつも、「読みかけの本を読む」か、

「勉強する」を実行しようと思うのですが、

やはり家には誘惑が多く、なかなか思うように行きません。

はっきり言って全然できない(爆)。


今、読みかけの本で読まなくてはと思ってるのが

プライドと情熱 ライス国務長官物語

という本で、もう残り数十ページまで来てるのですが、

ストップしてしまっています。

ご存知アメリカのライス国務長官の

人生そのものを書いた本ですが、

かなり細かく、ほんとに子どもの頃から書かれているので

立ち読みの段階で、あーこれおもしろいかも

と思って買うことを決めてました。

ライス国務長官は、黒人差別の色濃く残る地区で

生まれ育ったそうですが、

教育者である両親が、そのような差別から娘を守り、

ちゃんと自分で考え、歩み、誇りを持って生きていくと言うことを

コンドリーザ(ライス国務長官の名前)に教えたそうです。


そのような環境があって、

ライス国務長官は学ぶにも、スポーツにも、

そしてピアノにも、何に対しても一生懸命取り組み、

今のような立場に立つことになったと。


私はアメリカの政治的なこと(日本のことさえも)

は正直よく知りませんが、

彼女が国家安全保障問題担当大統領補佐官

の立場なども経験したことについて、

その政治手腕をいいということも

悪いということも、全く評価できないと思います。


ただ、やはり読みかけの「お節介なアメリカ」(チョムスキー)

を見ると、視点の違いで、与えられる印象も

ずいぶんと変わるものだなと思いました。


あー、眠くなってきた。

こりゃ今夜も寝てしまいそうです。

|

« ちょっと前の練習記事 | トップページ | 新宿伊勢丹キッチンステージ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ちょっと前の練習記事 | トップページ | 新宿伊勢丹キッチンステージ »