« いただいたお菓子 | トップページ | 11月4日演奏会 »

11月3日練習(飲み論つき)

11月3日練習



昨日、ダスビの練習がありました。

(そう、このblogの更新をさぼってる間に

シーズンが開始したのでした。)


私も他オケ(11月25日本番の東京アカデミッシェカペレ)の

練習に行ってて、久々のダス練だったのですが、

いつになく、緊張感のある練習でした。


…ほんとは、緊張感がいつもなきゃダメなんだろうけどね。


マエストロおさぴーから厳しい指導が飛びます。

我がヴィオラ部隊も、

11番の例の革命歌の所をはじめ、

ヴィオラの音がしてない!

とかなり屈辱~な思いをしました…


みんな、このままじゃいかん。

そんなもんじゃ、誰も殺せません。

(あまり書くと誤解を生みますね…

あくまで音楽的な話です。

ほんとに人を殺すのではなく、

私たちが演奏しようとする

ショスタコが伝えようとした音楽、

それを表現するためにどうしたらよいか

ということです。)


11番の革命歌のモチーフ部分は、

ヴィオラが延々と弾くのですが、

音そのものは単純ですが、

決してなめてかかってはいません。

ヴィオラ部隊隊員たちも、もちろんそうだと思いますが。


私個人的には、実はここをどうやって弾いたらいいか、

イメージが定まってないというのが本音です。

そりゃショスタコCDに困らない我が家で、

旦那のライブラリから結構な種類の11番を聴いたはず

ですが、

それでも自分が弾くことをイメージして

聴いてたわけじゃないし、どうやってその音を出すか

その術もわからない(会得してない)し。


殆ど言い訳なんだけど、難しいです。


一回、物乞いでもしなきゃわからんのか?

ガラスの仮面の北島マヤの心境です。


まぁ、そんな悩みもどこへやら、

練習後はよーろーで飲み。

今シーズンは、よーろー出席率がよいです。

なんだろう、今年はビールがおいしく感じられます。

(オヤジ化?)


家でも飲むし、しかも昔みたいに甘いの飲まなくても平気!

ビール→ワイン→ウーロン茶のパターンです。

そんな飲めないので。


一人でも飲みますが、やっぱみんなとしゃべるのがいい。

つらいときもみんなとしゃべると

心が楽になります。

あーこんなこと言うってのは、やっぱ普段つらいんだよね…

よく、自分は頑張ってるなって思います。


音楽と酒と仲間は、人生に欠かせないかな。


|

« いただいたお菓子 | トップページ | 11月4日演奏会 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/262980/8752247

この記事へのトラックバック一覧です: 11月3日練習(飲み論つき):

« いただいたお菓子 | トップページ | 11月4日演奏会 »