2月11日本番1

2月11日



ダスビの本番でした。

朝からあった順に書いていくと、

まず、レセプションでメイドのコスプレをすることになりました。

というのは、池袋駅に着いて

会場である芸劇(迎撃とも言う)に

向かう途中で、ホルンのK姉さんに会い、

そこでいきなりメイドにスカウトされたわけです。


そんな感じで本番の日が始まったわけで、

いつもの第10楽屋に向かいました。

私はダスビのときはいつも第10楽屋です。

しかも大体、窓に近い方に行きます。



同じヴィオラのHさんが

この日のためにネイルアートをしてきた

というので、早速写真に撮りました。

080211






ダスビなのに(って何だ)青いネイルです~♪

これは他にないというのがポイント高いっす。

しかーも、よくよく見ると1905と書いてる指もあり。

私のデジカメで撮ろうとしたら

なんといきなり電池切れ!!してしまったので

(充電しとけよ…)、

携帯のカメラで撮ったら、あまり鮮明には撮れず。

申し訳ないっす。


という取材(?)も終え、

あっという間にステリハの開始時間になりました。


ステリハは11番からでした。

いつもの、と言ってもほぼ年に一回の

芸劇のステージです。


11番は通しませんが、返しながらやります。

という長田先生でしたが、

結局、殆ど一通り見ていきました。


先日、インペクがGPの終わったあとに、

各パートにステリハでやってほしいところを

アンケートして回っていたので、それを殆どやろうとしたら

結局全面チェックだったということでしょうか。

でも、ステージ上のチェックができるのは

やっぱり安心。

かなり11番だけで時間は使ってしまい、

10時過ぎから始まったステリハのうち

1時間超は11番に費やされていました。


私はステリハの時から、結構ノリノリで弾いてました。

そうでないと、本番でやろうと思っても

乗り切れないまま終わってしまうと思ったからです。

でもやりすぎると疲れるし、加減の難しい所です。



休憩後、9番とノヴォロシスクの鐘のステリハでした。

時間がないので、どれだけステリハでチェックできるのかと

思いましたが、結局、9番も通せるくらい

とりあえずステリハをやった、という感じで終わりました。


ノヴォロシスクの鐘は、ハンドベラーズ

(ハンドベル部隊)の皆さんとの共演ですが、

ヴィオラとセカンドヴァイオリンの間で

演奏することになりました。

ハンドベルを演奏するときに、手袋をするのが

なんだかそれっぽくて、雰囲気が出てるなぁと

思いました。


以前、練習の時は、かなり遠くの方で

ハンドベルは演奏していたのですが、

ステリハですごく近くに来て演奏したときの方が

音のよさもわかるし、バランスもいいなぁと思いました。


ステリハの間、実は私の楽器の調子がいまいちで、

C線の音があまり出ませんでした。

たぶんC線に松脂がくっつきすぎたか、

弓に松脂が足りなかったかどっちかで、

11番の最初のppが全くスカスカでした。

やっぱり弦を替えておくべきだったか~

と思いましたが、ここまで来たらこのままで行くしかないので、

ステリハ終了後、念入りにC線を拭いておきました。

(でも、弓に松脂塗るのはそんなにマメにやらなかったので、

結局は本番もそんなに変わらなかったのですが。

まぁ前中プロの時は気休め?に松脂を持って入って、

9番の前に松脂塗ってみたりしました。)


昼ご飯は家から持ってきた、

大量のヴィドフランスのパンを旦那と二人で山分けしました。

今年から上手側ロビーの一角が、ヤニ部屋(喫煙所)に

なってしまったので、

楽屋前のソファで食べました。


そしたら、なんとうちの旦那は

うちの冷蔵庫にずっと入れっぱなしだった(と思う)

ロシアのチョコやバルチカビールを持ってきており、

チョコをみんなに配りはじめました。

ロシア雑貨屋かよ!!


チョコはなんだか好評でした。

みんなこれで、血流までロシアテイスト

になったと思います。

(私は食べませんでしたが、意外とビターでおいしかったらしい。)


ひとしきりパンを食べてお腹も満たされたところで、

着替えをしました。

もちろん、去年と同じ網タイにヤフオクで落札した

5,000円のドレスです。

このドレス、ここで着ておかないとたぶんしばらく着ないので。


着替えした女子の皆さんは、さすが、気合入ってます。

でも、背中出してるのが私とヴァイオリンのkaorina。さんと、

あと何人かしかいなかったです。

結構、みんな羽織もんをしていました。

私も二の腕が太いので、ほんとは私こそ羽織もんが

必要なんでしょうがすみません(爆)。


みんなで着替えた所で、

「キャバクラダスビダーニャ!!」のできあがり~

というわけで、ロビーで撮影タイムです。

私は、とりあえず網タイの脚が見えないと

いたって普通です。いや、網タイが見えても

本人は意外と普通かと思ってるんですが、

客観的に見ると、結構びっくりされるようです。


きれいどころのダスビーナで、支配人氏を囲んで記念撮影!!

まぁ年に一度なんで貴重です。

って、こう書いてる割に、全く記事に写真が貼れないのが残念。

私の手元には残ってないのです。

| | コメント (0)

作戦

明日のダスビの本番で、

一曲目に演奏する

「ノヴォロシスクの鐘」という曲を

ノンヴィブラートで演奏してみようかな~

と思います。


さっき家で弾いていたら、旦那に、

ヴィブラートをコテンパンに言われ、

それならかけない方がマシらしいので。


でもできないんですよ~。ゆっくりのヴィブラート。


私のはびびってはいませんが、

「ビビラート」です。


| | コメント (0)

開戦!!

2月10日


明日、11日はダスビの本番です。

(時間的には、もう今日ですが。)

この3連休のうち、初日はGP&ダメだし、

2日目の今日は自主パー練。

前日ですが、パー練はいい練習でした。

やるだけやったって感じです。


家でもさっき少し練習して、

明日(約12時間後)に備え、

臨戦態勢に入りました。


しかし、ダスビって用語的に

戦うモードなのが笑えます。

でも、それがよい。

演奏に命かけてる…という点が一緒です。

大人の青春です(くさいかな~)。

↑くさいって言葉も今は言わないですね。


明日は年に一度しか着ない

黒ドレスを着用して戦います。

あー楽しみ♪

| | コメント (0)

ゴディバ好きです。

私はゴディバのチョコが好きです。

去年、ちょっと騒ぎがありましたが、

そんなことは関係なく。(対応も早かったし)


毎年旦那にはゴディバのチョコを買いますが、

お返しもゴディバがいいです(って今からねだったりして)。


[ゴディバ]チョコレート詰合せ(717495/286)

| | コメント (2)

疲れた貴女にビタミンを「ハイチオールEC」 エスエス製薬(J-CASTニュース) - NEWS@nifty

疲れた貴女に、ですか~。


まさに私です(苦笑)。


昨日に続き、ネットニュースからネタを拾っています。

でも、これでニュースも意識して読むわけだし、

いいことだ♪


リンク: 疲れた貴女にビタミンを「ハイチオールEC」 エスエス製薬(J-CASTニュース) - NEWS@nifty.



ハイチオールCってのが、錠剤でありますよね。

しみ、そばかすに効くと言われてます。

私はそれは飲んだことありませんが、

特にしみは気になりますね~。


錠剤って言うと、ちょっと飲みにくいイメージがありますが、

ドリンクだと気軽に試してみようかなって気がします。

これも来月発売されたら、試してみるかも。



| | コメント (0)

癒されたいです。

現実逃避とはよく言ったものだ。


現実が嫌になるから逃避する、って

理屈通ってます。


ただ、根本的な解決にはならないけどね。


そんな、頭で理解しているじゅんちゃんの

癒しの一つ。(理想)

ザ・リッツ・カールトン東京 


いつか行ってみたいもんです。

いいの!庶民だから。

| | コメント (0)

仕事のこと~端っこ希望~

2月4日


仕事のグチをよく書いているこのblogですが、

まぁ悪いのは何もうんこ課長だけではなく。


最近、自分の仕事の「性質」も疲れました。

間に入って調整するって役。


おいしいけど、今は逆に悪い所ばかり拾って

正直きつい。


・やってほしいこと、後回しにされるとき。

・板ばさみになって、どっちも味方じゃないとき。

・どさくさにまぎれて、それは私の仕事か?

と思うようなことまでやる羽目になるとき。


って書くとちっちゃいことのようですが、

これ、当の本人的にはきついです。

辞めてやるー。とか、思っちゃってます。



私の立ち回りが下手なのかもしれませんが、

最近、どこの関係者に連絡とっても、

みんないい感触じゃないんですよね。

そういう星回りなのかなぁ。


ここしばらく思うのは、

端っこの仕事がしたい!

ということ。


傷つくことも多いでしょうが、

間に立ってもこんなもやっとした思いを

抱えるなら、ダイレクトに傷ついた方が

よっぽどいいかもしれない。


ちょっとこの本なんか読んでみたいです。

ほんとはこわい「やさしさ社会」



自分の生き方を考えられるだけ、

まだ幸せですよね(爆)。

| | コメント (0)

「朝カレー」で脳が活性化 受験生の味方になる!?(J-CASTニュース) - NEWS@nifty

2月4日


少しご無沙汰してました。

それがこの(2)blogてなもんです。


ところで、このblogには「カリー・ザ・パンダ」

ブログパーツを3つ取り付けてますが、

そんなblogにぴったりの話題がこちら。↓


リンク: 「朝カレー」で脳が活性化 受験生の味方になる!?(J-CASTニュース) - NEWS@nifty.



朝カレー食べると脳が活性化されて、

仕事もバッチリ!!らしいです。

あのイチローも実践しているそうです。

朝からカレーって、なんか食べるイメージないですが、

これからは朝からカレーの時代到来か?



はっ。


その前に、私、朝抜きだからなぁ。

| | コメント (2)

1月19日練習

1月19日


もう昨日ですが、夜ダスビの弦分奏がありました。

指導はチェロの丸山先生でした。

ゼブラ柄のチェロケースとペイズリー(なつかしー)

柄の赤シャツをしっかり自分の物にされてます。

(↑これは冗談でも何でもなく、私の正直な感想です。)



昨日の練習は9番を見ていただきました。

キーワードは、弓幅使いすぎない、コマ寄り、初速を速く

という感じでした。


「ヴィオラはヴァイオリンとは全く違うから、

弓先3分の1は使わないでください。」


とおっしゃっていました。


その他ももろもろのことを

丸山先生はさくさく決めていき、

練習時間がいつもよりとっても短く感じました。


たぶん丸山先生の決断力は、

理想の上司ベスト10くらいに入ると思います。

こういう上司と仕事したいっ!と思わせてくれます。


9番という曲の性質もあるのでしょうが、

とにかくsecco(短めに)、鋭く、でも音は充実して、

ということを非常に求められました。

なので、それを表現するための手段が

最初に出したキーワードなのです。


弦分奏では、普段合奏で、

管楽器や打楽器も一緒にやっているときには

聞こえない音が聞こえてくるので、

勉強になります。


基本は低い音の楽器に、高い音の楽器が

乗っかるような感じで、ということで、

その辺の音量バランスも細かくチェックされました。

練習番号65からはコントラバスと一緒ですが、

今まで気付いていなかったです。

(ということは、ヴィオラが大きすぎるのか、それとも…?)


あと、合宿で長田先生にアウフタクトからの

音楽であることを意識するように、

と言われていましたが、丸山先生も同じ趣旨のことを

言われていました。

そしてさらに丸山先生は、2楽章で、

アウフタクトの弾き方(正確にはアウフタクトから

次の小節に入る時の弾き方)を指示し、

バラバラだった弦楽器セクションに、

共通見解を示してくれたのでした。


ここまでの突っ込みは、合奏練習ではなかなか

できないことなので、弦分奏の効果を感じたのでした。


この日の練習は、pizz(ピチカート)をコマ寄りで、

初速速くやったので、

右手の中指(私は中指ではじくので)も

松脂で黒くべとべとになりました。

今まではそういうことはなかったので、

今日の練習で、やっぱりそういうこと

(コマ寄り速めガッチリpizz)

をやらなきゃいけないんだと気付かされたということでしょう。



| | コメント (0)

疲れのサイン

ここ最近、風邪の病み上がりから

ほんとに治ったのかどうか

よくわからない状態が続いてるな~

と思っていたら、

左手の薬指のつめが割れてました。


むかーし、この指をドアにはさんでしまい、

つめが一度全部生え変わったのですが、

どうも新しく生えたつめはちょっとくせがあって、

割れやすいようなのです。


なんかの拍子にとか、ちょっと調子悪いな~とか

思うと、結構な確率で割れてます。

疲れがあるというサインらしいです。

楽器弾くのには、あまり影響はありませんが、

やっぱり落ち着かないな~。



| | コメント (0)

«係長研修